ブルーベリー摘み


2009年8月10日


我が団地では、いろいろな果実が育てられています。

ミカン、カリン、キュウイなどなど。


昨日は、ブルーベリー摘みの日でした。

敷地内の花木の世話をしてくださっているボランティアのみなさんに、

採取の注意点を教えていただきます。


ブルーベリーの葉の裏には、緑色の「イラガ」という毛虫がいます。

触れると、ビリッと電気ショックのような強い痛みが走り、

痺れが1週間ほど抜けないそうです。


毛虫に触れないよう、ビニール手袋をして注意しながら、実を採り始めました。


最初のうちは、おそるおそる枝の間に手を入れていたものの、

実を採るのに夢中になって、だんだん、大胆になっていきます。


昨年以上に今年は豊作で、採っても採ってもなくなりません。

あっという間に、ビニール袋がいっぱいになりました。


実りを収穫するのは、とても楽しいものですね。


日頃、草木の手入れをしてくださっているボランティアの方々に感謝しつつ、

おいしくいただきました。






katuo,ari sasaki