希望のダメだし


2009年6月17日


「童話サロン」が終了しました。


今回の作品はタイムトリップを扱っており、私にしては複雑な構成を考えていたので、

なかなか筆が進まず、もやもやとした気持ちを抱えておりました。


出品についても迷っていたのですが、見切り発車してよかったです。

出品した御陰で、みなさんから感想をいただけたので、

今後の展開に活かすことができそうです。


書いている時は、この世界にどっぷりはまっているので、

客観的に見るのがむずかしくなることがあります。

自分の作品を俯瞰的に見る力がついていないせいもあって、

これでいいのかどうか迷い、進めなくなるのです。


なので、他の方の意見は希望の光です。


産み落とした作品は少しでも良いものに育てあげたいので、

ダメ出しをいただければいただけるほど、ありがたく、うれしいです。


貴重なご意見をくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今後も遠慮なく、ビシバシ、愛の鞭をお願いいたします!

DSCN0879





katuo,ari sasaki