そーかい、そーかい


2009年5月15日


昨日は、日本児童文芸家協会の総会、

4賞贈呈式(功労賞、協会賞、新人賞、福田清人賞)&懇親会。


今日は、小学校PTAの総会がありました。


どちらも裏方として参加していたので、いつもとは違った目線で見ることができました。

共通しているのは、非営利団体ということ。


得た収入は活動により社会に還元する、というのが会の姿勢です。

儲けすぎてはいけない。でも、赤字になると困る。

といって活動をおさえるのでなく、公益になることを提供していかなければならない、

という使命を担っているんですね。


また、児童文芸家協会もPTAも子どもにとってためになることを提供する、

という目的で共通しています。


子どもが成長するために、よい環境を整える。

心の栄養となる作品を創って、広く伝える。


人生の少し先を歩く者として、次世代が力を発揮できるよう、心をくだき、

道を拓いてあげるのは、当然の役目だと感じます。


大人と子ども、互いの未来がかがやくために、

私なりにできることをやっていきたいなーと、思った2日間でした。

DSC00027



katuo,ari sasaki