自由研究と友情と


2011年8月20日


怒濤の一週間。

よく遊び、よく働きました。


シンガポールに赴任した息子の親友一家が帰ってきたので、

幼稚園時代の友だち親子で大集合。


1年ぶりに会った子どもたちは、みな、それぞれに

成長していて、ほほえましく感じました。


息子も親友と毎日遊んで、うれしくて楽しくて幸せで、

時に、やきもちを焼いたり、いじけたり、

別れはひとしおさみしくて……と、複雑な気持ちを味わいました。


そんな息子の複雑な気持ちを、親友はまるごと受け止めてくれるんですね。

うらやましくもありました。


しっかりと信頼関係が築けていれば、離れていてもケンカしても大丈夫。

日頃は、なかなか自分の気持ちを表現できない息子ですが、

親友のおかげで、ぐんと成長したように思います。


そんな合間に、私は仕事、息子は自由研究。

息子はシンガポール旅行で飛行機に興味を抱き、

自由研究を飛行機に決めました。

これもある意味、親友のおかげです。


クローズアップしたのは「エンジンの整備について」。

夫の友人が勤めている、ANAエンジンメンテナンスビル

見学させてもらったのです。


エンジンだけをとり出して分解、洗浄、検査、修理、組み立てるところで、メカニック好きにはたまらない場所です。


エンジンは3万個以上の部品からできているのですが、それを一つ一つ、それこそ髪の毛の1/100単位で削って微調整するというのですから、驚きです。


私は学生時代に、「鳥人間コンテスト」の人力飛行機を作るサークルに入っていたこともあって、見学中ずっと、わくわくしっぱなしでした。


残念ながら、ビル内の写真は公開できないので、

ビルそばの滑走路で撮った写真をアップします。


近くで離陸、着陸が見られるのも、これまた興奮ものなんです。

ああ、かっこいい!!

IMG 1675





katuo,ari sasaki