推理物語


2011年6月15日


「児童文芸」6・7月号で、推理物語を書かせていただきました。


「真夜中の美術室」

展覧会で発表するための立体作品が壊された。

怪しい影も目撃される。

意図的? それとも偶然?

5年生の紗奈と祐介が考え、追求する……。


といった物語です。


まあ、私の作品はともかく、読み応えのある推理物語が

収められています。

ぜひ、ご一読を!





katuo,ari sasaki