こういう時こそ


2011年3月13日


心配して、連絡をくださったみなさん。

本当にありがとうございました。

余震が続く中、みなさんからのメールはとても心強かったです。


息子がインフルエンザで休んでいたため、

地震発生時は、家にいました。

一時、小学校の校庭に避難し、その後、帰宅しました。


家に戻って来ることができて、ほっとしていますが、

息子が高熱による幻覚と、余震におびえているので、

そばについて声をかけています。


チェーンメールで、誤った情報が出回っていますね。

「他の人に教えてあげてください」「知らせてあげてください」

といったメールは、すべてチェーンメールです。


こういったメールに振り回されると、重要なメールが届きにくくなるので、自分のところで止めましょう。


また、被災地への個人的な物資の送付は、それを配布する手もかかり、かえって迷惑になることもあるそうです。

(法人がまとまった量の自社製品を送るのは、とても助かりますが)


まずは家族の安全を守ったうえで、正しく状況を把握して、自分のできることに力を注ぎたいと思います。


大丈夫。

日本は幾度となく、きつい目にあっても、立ち上がってきたんだから。

互いを思いやる気持ちがあれば、前に進める!!

DSC00287



katuo,ari sasaki