キッズブック・らいぶ


2010年3月5日


キッズブック・らいぶは、日本児童文芸家協会の作家たちによる読み語りの会で、

時折、出張ライブを行っています。

今日は飯田橋にある富士見児童館の1〜2歳児クラスで、

絵本や歌、エプロンシアターをしたのですが、

どの子もしっかり見て聞いて、そして問いかけに答えてくれました。


いつものことですが、子どもたちは瞬く間に、本の世界に入り込みます。

絵本を食い入るように見ては、描かれている絵を指さしたり、名称を言ったり。

知りたい、体験したい、教えたい、ほめられたい。

たくさんの欲求が見てとれます。


子どもにとって、本は様々な世界の入口になっているのですね。


次のキッズブック・らいぶは渋谷の東京都児童館にて。

3月24日(水)午後2時30分〜3時に行います。

メインは、作家のしみずともこさんと、わだれいこさんによる、絵本の読み語り。

絵描き歌や遊び歌、ささやかなおみやげもあります。


こちらはどなたでも自由に(無料)入れますので、

お子さんといっしょにぜひ、いらしてください。


katuo,ari sasaki