災い転じて福となす


2010年12月4日


落ちこんだ事柄がきっかけになって、かえっていい方向に進み始めました。

私を含めて関わっている人たちの、こんがらがっていた気持ちが、

ほぐれ始めたような気がします。


打ち明けず、問いかけず、何事もなかったようにやり過ごすのがいいこともありますが、

今回は、互いの距離を縮めるために、もう一歩、踏み込む必要があったのでしょう。

胸の内を表に出さないことが、最良とは限らないのですね。

それぞれの思いがわかって、あたたかい気持ちが広がったような気がします。


毒に見えていたものが、実は、すばらしい花を咲かせる種だった……のかな。

このまま、大事に育てたいです。


さて、夏の間、取り組んでいた伝記のゲラが届きました。

形になってくると、とてもうれしいです。

再話の原稿も、ようやく終わりが見えてきました。


痛めた背中も少し楽になってきたことだし、もうひと踏ん張り、いくぞー。

DSCN2614



katuo,ari sasaki