世界のお話


2010年10月10日


春頃、取り組んでいた「世界の民話」の再話が、近く出版されることになりました。

昨日、見本が届いたので、紹介させていただきます。


内田伸子監修『母と子の読み聞かせ 世界のお話120』(ナツメ社 本体2500円)


世界に伝わる民話が、ぎゅっと凝縮して詰まっています。

12人の執筆者、16人の画家による再話は、それぞれに味わいがちがって、飽きません。


私は「大きなかぶ」や「動物の恩がえし」「空とぶトランク」

「ねむれる森の美女」など、12話を担当しました。

原作からどこを抽出して自分なりの味付けをしてまとめるか。

とても勉強になる仕事でした。


自分の幅を広げる仕事がいただけるって、本当に幸せですね。

感謝、感謝です。


katuo,ari sasaki