創作

前へ



小説

『空き店舗(幽霊つき)あります』

作/ささきかつお カバーイラスト/pon-marsh 幻冬舎文庫 2017.5 580円+税

築50年のオンボロビル「スカイカーサ武蔵小金井」には、人なつこい幽霊の少女・アリサがいる。1階の若き古本屋店主・達也をはじめ、逝ってしまった大事な人への後悔を抱える店子たちは、アリサの「つなぎ」でその人たちと涙の邂逅を果たす。みんなに愛されるアリサだったが、その「過去」にはある痛ましい事件がーー。ほろりと泣けるミステリ。



児童書


New!

『Q部あるいはCUBEの始動』

作/ささきかつお イラスト/吉田ヨシツギ PHP研究所 2018.12 1000円+税

凪学園中等部のミステリー研究部、あらため「Q部」のメンバーが、日常に起こる謎を解く。「謎解き」と「どんでん返し」の短編で構成されたストーリー。「Q部の始動と、CUBE(密室)のネコ」「歴代学園長のクエスチョン」「カンニングを見破れ」「メモは『23』」など、全20話。




motuyaki

『モツ焼きウォーズ 立花屋の逆襲』

作/ささきかつお 絵/イシヤマアズサ ポプラ社 2016.6 1300円+税

小学生4年生のタケルは、再開発のため商店街から立ち退きをせまられている「モツ焼き屋 立花屋」の4代目。さまざまな嫌がらせがせがあるなか、タケルは親せきのババ様から、立花屋は忍びの血を告ぐ一族だという、驚きの真実を告げられる。立ち退かせのプロ・横木の猛攻を前に、家族が一団となって立ち向かうーー。「第5回ポプラズッコケ文学新人賞」大賞作品




共著

New!

lastkyouhu

『3分間ノンストップショートストーリー

ストで君は「まさか!」と言う』

「恐怖の手紙」

カバーイラスト/吉田ヨシツギ PHP研究所 2018. 12 各1000円+税


「ラス君」シリーズ8巻目。4人の書き手による共著。ささきかつおは、「百年花」「隣の住人」「指名手配の男」「霊園の一本道」「絵の中の少女」「車窓のヒマワリ」の6話を書きました。




『3分間ノンストップショートストーリー

ストで君は「まさか!」と言う』

「デジャヴ」編、「望みの果て」編 

カバーイラスト/吉田ヨシツギ PHP研究所 2017. 12 各1000円+税

シリーズ3巻、4巻目。8人の書き手による共著。

ささきかつおは、2冊にまたがり、「聖なる剣」「人食い魔女の家」「あと五分」「ぼくとAI」「自分探し」「洋食屋の客」「図書室の彼女」「カッパ沼の伝説」「校長先生の口癖」「キラッ!」の10話を書きました。








3分間ノンストップショートストーリー

ストで君は「まさか!」と言う』

「時のはざま」編、「予知夢」編 

カバーイラスト/吉田ヨシツギ PHP研究所 2017. 4 各1000円+税

多ジャンルのショートストーリーが、1冊につき30話入った一冊。どのストーリーも、3分後に「まさか!」というどんでん返しがおとずれる。4人の書き手による共著。

ささきかつおは、2冊にまたがり、「ぬか喜び」「釣り人」「駅で待つ男の子」「傘がない」「ゴン太とおじいさん」「お年玉」「未来日記」「ラジオ体操」「続き」「開かない」「ゴミ箱に入ったら」「木の上の子猫」「遺産の壺」「読み聞かせのお兄さん」「信号」の15話を書きました。






雑誌


「ちゃぐりん」2018年12月号 

ちゃぐりんショートストーリー「○は当たり前?」家の光協会(JA農協グループ)

絵・丸山誠司

なにかと「なんでだろう?」と考えてしまうオレ。今回は「どうして○なのかな?」と考えこんでしまう。○の代わりにちがうものにしたら……。ラストは「へえ〜」となる話です。




「ちゃぐりん」2018年3月号 

ちゃぐりんショートストーリー「あした日記」家の光協会(JA農協グループ)

絵・星野イクミ

土曜日の日記を書くという宿題が出た。作文を書くのが苦手なオレは、いつもしていることを書くが、いつも通りにはいかなくて……。中学年向けのコミカルな話です。





「家の光」2017年10月号 

親と子の童話「なしの がっこう」家の光協会(JA農協グループ)

絵・小山友子

なしの学校で行われる授業は、ユニークで含蓄があり……? 5場面で展開する童話です。




katuo,ari sasaki