個性が大事



2011年1月11日


午前中、レギュラーでやらせていただいている

雑誌の色校をチェックしに行ってきました。


この雑誌の読者層は、平均して70歳。

子ども向けの読み物とはまた違う視点になるのが、オモシロイところです。


帰宅すると、インコのハッピーが、くちばしを緑色にしていました。

好物のコマツナを、ハムハム食べたあとです。


インコによっては、リンゴなどの果物が好物だったりするそうですが、

うちのハッピーは青菜好き。

チンゲンサイや豆苗も食べますが、コマツナへのかぶりつきに勢いがあります。

折しもコマツナは、我が江戸川区の名産品。

郷土食を愛する鳥ちゃんなのであります。


また、首まわりをなでてあげると、よろこぶ子もいるらしいですが、

ハッピーは体に触られるのをいやがります。


「インコの飼い方」本には、一般的な趣向や生態が書かれていますが、

個体はやはり、それぞれにちがうのだなあと、実感。


子育て本と同じく、まあまあ参考にしつつも、

しっかり見るべきは、その子の個性ということですね。



katuo,ari sasaki