浜田広介記念館30周年記念式典


2019年6月25日


山形県高畠町の浜田広介記念館30周年記念式典に出席してきました。

IMG 2449


地方にある作家の記念館は、維持するのが大変と聞きます。

そんななかで浜田広介記念館は、

いくつもの事業を継続、発展させているのですから、すごいです。


一時期、浜田広介の作品を批判する文学派閥もあったそうですが、

「泣いた赤おに」をはじめ、

数々の作品がいまも広く知られていることを思うと、

その批判は当てはまらなかったということでしょう。


今回は式典のあとに、広介作詞の童謡コンサートと、

「泣いた赤おに」のオペラが上演されました。

何度も読んでいる童話なのに、

やはり、ラストで熱いものがこみ上げてきました。


時を経てなお、人の心を揺さぶり続けるーー。

そんな物語を、わたしも書きたいです。


今回も浜田広介記念館のみなさまに大変お世話になりまして、

おいしく、楽しい時間を過ごすことができました。

IMG 2452


式典の翌日は雨でしたが、色濃くなった緑の景色がまたよかったです。


山形はただいま、サクランボの最盛期。


日本新薬こども文学賞の大賞作

『ことば忍法オノマトペ』の作者・冨川晴名さんからも、

朝採ったばかりのサクランボをいただきました。

b0231554_17564459


あまい〜。おいしー。


最後は、よねおりかんこうセンターで、お土産を購入。

IMG 2454


玉こんにゃくになりました(左:金治直美さん。右:わたし)


楽しかったあ!


高畠のみなさま、ありがとうございました。

katuo,ari sasaki