おはなしの森3


『おはなしの森3」

おはなしの森の会・編 (神戸新聞総合出版センター)1500円+税

ohanasi3


神戸新聞日曜版子育て欄「すくすく」に掲載れたお話21話をまとめた本書。

低学年向けのお話ばかりで、朝の読書などにぴったりです。

なかでも印象に残ったお話をご紹介します。


「ランドセルさん ありがとう」白矢三恵

春から小学生になるちいちゃんは、早くランドセルを使いたくてなりません。

ランドセルといっしょに寝たその晩、大きな地震が起きて……。

神戸の震災を振り返るお話。胸がチリチリ痛みました。

忘れてはならないあの日あの時があるのです。


「トラはネコマタ・スーパーキャット」森くま堂

2月のお話として豆まきをテーマにするのは、結構なハードルです。

なんたって、もうやり尽くされた感がありますからね。

でも、このお話は発想がちがいます。

ネコマタのトラが出会ったのは、オニではなくツノツノ星人!

愉快で、爽快なお話です。


「ライオンキャンディ、ガオー」国元アルカ

ジュンくんは、どうぶつペロペロキャンディが大好き。

どれにしようか迷っていると、ライオンキャンディが起きあがって……。

はっきりと意思表示をできない子が陥りがちな状況が描かれます。

ちょっと笑えて、ちょっとハラハラして、ちょびっと成長するお話です。


「お星さま きらり」うたかいずみ

雪の森でまいごになった犬のタム。

ウサギやリスとなかよくなって遊んでいると、お星さまが落ちてきて……。

雪に覆われた森、木々の上に星々がかがやく情景が美しく、うっとりします。

また寒さの中で友情が育まれていく様子があたたかく、

さみしさを感じる年の瀬にぴったりなお話だと思いました。













ari sasaki