でっかいたまごと ちっちゃいたまご


『でっかいたまごと ちっちゃいたまご』

上野与志・作 かとうようこ・絵 (WAVE出版)1300円+税

tamago

でっかいたまごと、ちっちゃいたまご。

それぞれ、自分はいったい、なんになるんだろうと思います。


原っぱで出逢ったふたりは、仲よくなり、毎日いっしょに過ごします。


そんなある日、たまごにひびが入って、ふたりは生まれるのです。

さて、なにになるのでしょう?


命の賛歌、異種の交流がテーマになっている絵本です。


社会に出るときは、不安になるでしょう。

新しい人間関係を築くときは、緊張するでしょう。

友だちができたらできたで、成長の早さのちがいにとまどうこともあるでしょう。


でも、だいじょうぶ。

気持ちが通じ合う人が、きっといる。

成長のスピードはそれぞれちがうもの。

きみはきみの早さで成長すればいいんだよ。


そんな、あたたかいメッセージが伝わってくるようなお話です。


幼稚園に入るとき、小学校に入学するとき、

この絵本を読んでみては、いかがでしょう。







ari sasaki