こもりうたの さんぽみち


『詩集 こもりうたの さんぽみち』

こやま峰子・作 (女子パウロ会) 700円+税

33039739


帯の言葉は、


お母さんからの優しいことばや「こもりうた」は、

赤ちゃんがすくすく育つために、とても大切なもの。

それは不思議な癒しの力です。


と、あります。


本書に収められた詩は、

新しい命に出会えた喜びや、育む喜び、

生きよう伸びようとする命への賛美など、

母の思いがつまったものばかりです。


この詩を読み聞かせてもらった子は、

愛されて生まれてきたことを感じ、自信をもてるようになるでしょう。

それは生きていくうえで、大きな力になるはずです。


また、読むほうのお母さんも、癒されることでしょう。

育児は楽しいことばかりではありません。

でも、本書を読んでいると、

愛情を注いでいるようで、与えられていることに気がつきます。

そして、同じように自分も愛をもらって、ここまで生きてこられたことに気がつくのです。


読む時々で、心に響く詩は異なると思いますが、

いまの私に響いた詩は、「おはし」「ろうそく」「ふたば」「とかげ」「いしころ」でした。


ここにいること、自分のしていることを肯定してもらえたようで、

ほっと、安心する気持ちになれました。



ari sasaki