探偵犬スコットと仲間たち


『探偵犬スコットと仲間たち』

正岡慧子/作、福田岩緒/絵(PHP研究所)1300円+税

32922130


主人公は犬のスコット。

鼻と耳、記憶力が優れているのはもちろん、

人間の言葉も理解する賢い犬です。


事件は、翔太とスコットが散歩している時に起きました。

白い車で、だれかが連れ去られたのです。

そこに落ちていたのは、トランプの切れ端。なにかの暗号?


つぎの日、ジャッカル商会の社長さんが連れ去られ、

「王妃の涙」を持ってくるよう脅迫状が届けられたことがテレビで流れました。


ところが、容疑者と思われたジャッカル商会の社員が車ごと海に飛び込んだというのです。


次々と起こる事件、深まるなぞ。

どうなるのか、どきどきしながら、ページをめくりました。


子どもにも理解できる展開でいて、

最後のどんでん返しに、へえ〜っと、舌を巻きました。


読み応えのある探偵ものです。

ぜひシリーズ化してほしいなー。






ari sasaki