イエローカードはぼくらの旗印


『イエローカードはぼくらの旗印』

沢田俊子/著(京都新聞出版センター)1470円

32560400

正直、精神的に参っている。

壮絶な現実を前にして、自分の無力さが情けなく、まごついている。

そんな時、本書が発するメッセージに、とても励まされた。


「あきらめなければ、人の力は無限だと、5年間少年たちを取材して感じました」

と、著者の沢田俊子さんは言う。

本書に登場する子どもたちののびやかな心とたくましさに、

私もこうありたいと、立ち上がる気持ちになった。


主人公は脳性まひの雄也。

生まれてから一度も自分の足で歩いたことのない雄也が、

電動車いすサッカーと出会い、スポーツを通して仲間たちと成長していく姿が描かれる。


仲間たちは、脳性まひや筋ジストロフィーといった病気を抱えている。

車いすで移動する点は同じでも、できること、できないことは一人一人違う。


雄也は思うように電動車いすをコントロールできないことにジレンマを感じる。

加えて、仲間たちと互いの気持ちを理解しあえないことにも、とまどう。


そんな時、萬年補欠の遼太が、レギュラーになる秘術をあみ出したと言い出した。

とっておきのワザは、イエローカードをどんどんもらうこと。

マイナス評価をもらうことを恐れずに、堂々と自分のプレーをする、という意味だ。


それぞれの個性を認め合い、力を合わせて勝利を得ていく過程に、ぐっとくる。

スポーツドラマと同じ感動を覚えるが、ひとつだけ違うのは、彼らが「死」に

近いところで生きているということだ。


道路で転倒する、風邪をこじらせるなど、ささいなことが「死」の接点になりかねない。

そのことも納得したうえで、雄也たちは果敢にチャレンジしていく。


雄也たちを知った今、「できない」「ムリ」とは簡単に言えなくなった。

できるようになるためには、どう工夫したらいいのか。

私がやるべきことは何だろう。


震災以来、弱り気味だったけど、力が湧いてきた。


本を通してだけど、君たちと出会えて良かった。


おばさんだって、あきらめないよ。


心の底に眠っているものを、今こそ、生かしたい!





ari sasaki