勇気ある一歩で世界が変わる!


『勇気ある一歩で世界が変わる! 車イスバスケ 香西宏昭』

文・光丘真理 (新日本出版社) 1600円+税

kurumaisubaske


車いすバスケは、車いすのタイヤの焦げるにおいがするほど、

激しいスポーツだそうです。

この迫力を生で見てみたいと、かねてから思っていたので、

本書を読んで、わくわくしました。


本書では、香西宏昭さんのこれまでと、

車いすバスケの魅力やむずかしさが丁寧に描かれます。


香西さんがなぜ世界で活躍するようになったのか。

それは、数々の出合いと、不安があっても尻込みせず、

自ら次の扉を開けていった香西さんの行動力にありました。


アメリカに旅立つとき、未知の世界へ飛びこむことがこわくなり、

大泣きしたシーンに、ぐっときました。


世界で活躍する人は、きっと凡人とはちがい、メンタルが強いに決まっていると

思っていましたが、そんなことはないのですね。


それでも一歩前に進み出て、チャンスをつかみにいったから

そのさきに道ができていったわけで、タイトルの意味がよくわかりました。


「ぼくは、スーパースターじゃないんです。

 今まで生きてきた過程で出会った大切な人びとのおかげと、 

 選びとってきた道を必死で歩いてきたおかげで、

 こうして今の自分がいると思っています。」


香西さんの言葉は、未来に向かう読者の背中を押してくれるに

ちがいありません。



katuo,ari sasaki