少年探偵 響4


『少年探偵 響4 記憶喪失の少女のナゾ!?の巻』

秋木真・作 しゅー・絵 (角川つばさ文庫)660円+税

hibiki4


今回の響の仕事は、記憶喪失の少女の身元を探すこと。

依頼人は、「怪盗レッド」シリーズにも登場する人。

ふむふむ、響とはそういう関係だったわけと、

「怪盗レッド」ファンも楽しめるエピソードがあります。


響がからめば、当然、単なる身元探しにはとどまらず、

事件につながっていきそうな気配。

正体不明の輩に襲われ、身の危険もせまります。


響の先を見越した言動に、ほれぼれ。

天才って、こういう人のことを言うのね……。


私が子どものころ、少年探偵団を見て興奮したように、

いまの子どもたちは響の活躍に熱い気持ちを抱くことでしょう。


このシリーズ、長く続きそうですね。










ari sasaki