どんぐりないよ


『どんぐりないよ』

間部香代/作  ひろかわさえこ/絵 (すずき出版) 1200円+税

donguri


こぶたくんとなかまたちの、たのしいともだちシリーズの2冊目。


前作『まーだだよ』は、こぶたくんがお母さんとかくれんぼ。

かくれるたびに、友だちが増えていくという、

幼稚園に入園してお母さんからはなれる子どもたちの気持ちを

応援する内容でした。


今作は、りすくんがどんぐりを探しにでかけます。


とっとこ とっとこ。

うんたか うんたか。

ずんずく ずんずく。


リズミカルな言葉で、どんどん力が入ってくる様子が伝わってきます。


でも、どんぐりが少ししか見つかりません。

どうしようと、不安になるりすくん。


この様子に、ああ、そうだったなあと、

息子の幼い頃を思い出しました。


幼稚園〜小学校低学年の頃は、なにをしても初めてのことばかり。

そこで予想していたこととちがうことが起こると、

どうしたらいいかわからなくて、とても不安になるんですよね。


大人からみたら、ささいなことでも、本人にとっては大問題。


そんな子どもの気持ちをすくいあげ、ほっと安心させてくれるお話です。







ari sasaki