11歳のバースデー5 ぼくたちのみらい


『11歳のバースデー ぼくたちのみらい』

井上林子・作 イシヤマアズサ・絵 (くもん出版)1100円+税

11birth5


シリーズ最終巻の主人公は、おっとり、のんびりした四季和也。

和也は勉強も運動も一生懸命やりますが、

同じ年頃の子より遅れます。

けれども、人一倍純粋で、なんでもまっすぐに考えるんです。


私だったら、いじわるをしてきた相手には腹を立てますが、

和也は相手がなぜ怒っているのか、その気持ちを一生懸命に考え、理解しようとします。

その思いが、相手の冷たくなっていた気持ちをじんわりと溶かすのです。


ああ、だから和也は、春生まれなんですね。


和也の目線になると、相手のちがう一面が見えて、やさしくなれるみたい。


進級、クラス替えで、また新たな人間関係を築かなければならない春。

不安があるとき、この本を読むと、勇気がわいてきそうです。








ari sasaki