11歳のバースデー3 おれのバトル・デイズ


『11歳のバースデー おれのバトル・デイズ』

井上林子・作 イシヤマアズサ・絵 (くもん出版) 1100円+税

11birth3


シリーズ3冊目の主人公は、いじわるで乱暴な伊地知一秋。

やさしくて、おっとりした四季和也くんを目の敵にして、

おどして、追いつめて。

クラスにいたら、ホントにいやなヤツと思う。


だけど、そんな一秋にもうちに抑え込んださみしさがあって……。


今回の感動シーンは、「討ち入り」。

いやなヤツが、どうしていやなヤツになったのか。

そのわけがわかって、胸が苦しくなりました。

そして、泣けました。


きっと、最初からいやな子なんて、いないんだよね。

気持ちを真正面からぶつけ合うって、大事だね。


なんてことを、読み終わってから、しんみり考えました。


このシリーズ、本当にいいです。

それぞれの子のダメなところ、いいところをしっかり描いて、

それをまるごと認め合えるようになる展開。


読んだら、自分のまわりにいる子に思いを寄せてしまうのではないでしょうか。


















ari sasaki